Blog

ギャラリートーク@岐阜県美術館

17/07/24

7月22日(土)

岐阜県美術館で、ギャラリートークがありました。

学芸員さんに話の流れを導いて頂けたおかげで、

普段の個展とは異なる内容の話をさせて頂くことができました。

自身の制作においても、改めて考えるいい機会となりました。

ご来場下さった皆様、関係者の皆様、誠にありがとうございました。

トーク内容についてはアーカイブされるそうです。

 

「日本画の逆襲」展は、8月27日(日)迄開催中です。

 

 

 

この日の毎日新聞岐阜県版では、学芸員の青山訓子さんによる「orbit」の作品紹介が掲載されました。ありがとうございました。

 

 

ギャラリートークの前日まで沖縄に行っていました。

ちょうど隣の展示室で沖縄の過去と現在についての展示が開催されていました。

タイムリーだったこともあり、とても興味深く拝見いたしました。

 

所蔵品展では、熊谷守一の襖絵が展示されていました。

息子はルドンの「顕現」「仏陀」

などの作品に惹かれていたようです。吸引力ありますね。

 

アーティストインミュージアムでも、息子が大喜びで渡辺泰幸さん(クリックでリンクに飛びます) の作品と触れ合っていました。

親としては、作品を壊さないかと少しヒヤヒヤでした。

 

Twitterで「4コマのモデルの人が…」というつぶやきを見て

なんだろと思ったらこちら↓でした。

「ミュージアムの女」(クリックでリンクに飛びます)

 

美術館の監視員さんの日常を4コマ漫画で描かれています。

pixivで岐阜県美術館公式アカウントより配信中

とても面白く、一気読みしました。

皆様も是非。