Blog

8月の展示のご案内

17/07/31

7月も終わりですね。

私はといえば、夏風邪を拗らせてから、なかなか完治せずでして、

さらに副鼻腔炎を煩ったので耳鼻科に通院しています。

 

日曜には豊田市美術館で開催中の奈良美智展に行ってきました。

その日はギャラリートークも催されており大変盛況でした。

花火大会もあったようで、浴衣の方もちらほら。

ミュージアムショップで缶バッヂを購入して息子の鞄に取り付け、

キーホルダーのハーモニカと、虫眼鏡が欲しいとのことだったので一緒に購入し、彼のリュックサックの装備がさらに充実しました。

 

ハーモニカを吹き吹き、家に帰ると早速にアリの観察をはじめてました。

「このアリ赤いね、ヒアリじゃない?」とヒアリ探しをはじめる息子…。

 

 

 

さて8月の展示のご案内。

LOVE&PEACE 平和への祈りをアートに託し、広島から発信

会場:そごう広島店 本館8階美術画廊

会期:8月1日(火)〜14日(月)

(最終日は午後4時閉場)

 

阿部 千鶴/岡村 智晴/小野川 直樹/金木 正子/川名 倫明/小原 祐介/小針 あすか/田尾 憲司/竹下 真理子/鳥屋 尚行/藤井 美加子/松田 重仁/万 美/丸山 円/三神 慎一朗/山下 孝治/依田 万実/渡辺 悦子 ほか
〈50音順 敬称略〉

 

愛と平和、原爆投下は遠い過去ではなく、被ばくで今も辛い思いをされている方がおられ、世界には核兵器もあり、現在と地つづきでした。

今展に際して、5月に平和公園を訪れました。

国内だけでなく海外からも沢山の方々が、慰霊のため公園に来ていました。

資料館の遺留品からは亡くなったかたの暮らしが垣間見ると、言葉にならない感情を抱きました。

 

時に慌ただしく過ぎる日々の中で、常に愛や平和についてを考ることは、私にとってはとても難しく、胸をえぐられるような思い出もじょじょに薄らいでいく、そんな感覚があります。それは日常生活を送るうえで、心身を正常に保つために必要な機関が働いているからかもしれません

今回の作品では時間や環境によって、消えかけるが確かにそこにあったものの、痕跡を描きました。

何気なく過ごす日常が続きますようにと想いを込めて。

 

ご高覧いただければ幸いです。

 

 

今回の出品者には大学の同級生の小針あすかさんもいます、作品がならぶのは卒展以来でしょうか。続けているとまた繋がりますね。

 

展示イメージ画像が89年に発売された懐かしのゲーム「MOTHER」を彷彿とさせるカラーリングで、いいです。母なる愛がテーマのゲームだったと記憶しています。

 

MOTERといえば、続編のMOTER2のサブタイトルがギーグの逆襲ですが(…平和じゃないですね)

 

 

いま岐阜県美術館では

「日本画の逆襲」かわるもの、かわらないもの、うけつがれるもの、あらたまるもの

開催中です。8月27日まで

大人もこどももお姉さんも、お見逃し無く。

 

 

以上、よろしくお願い致します。