Blog

日本画の逆襲 @ 岐阜県美術館

17/07/12

暑い日が続いております。

先日、今年初の蝉の抜け殻を発見しましたが、鳴き声はあまり聞こえてこないような気がします。

私はといえば、先週から引き続き夏風邪をこじらせております。

 

さて、展覧会のご案内です。

この度、岐阜県美術館で展覧会に出品する運びとなりました。

「木漏れ日シリーズ」の利休屏風、「月シリーズ」の風炉先屏風、

「宇宙シリーズ」の掛け軸の、未発表の新作を3点出品いたします。

 

会期中にはギャラリートークも催され、私も講師としてお話させていただく予定です。

日時は、7月22日(土) 14:00~14:30です。

 

お近くにお越しの際は、是非日本画の逆襲を目撃下さい。

 

 

 

日本画の逆襲
かわるもの、かわらないもの、うけつがれるもの、あらたまるもの

展覧会場: 岐阜県美術館(クリックでリンクに飛びます)

展覧会期: 2017年7月15日(土曜)-8月27日(日曜)

開館時間: 午前10時00分から午後6時00分(入場は午後5時30分まで)

夜間開館日: 7月21日(金曜)、8月18日(金曜)は20:00まで開館(入場は19:30まで)

休館日:  7月18日(火曜)、24日(月曜)、31日(月曜)、8月7日(月曜)、14日(月曜)、21日(月曜)

ギャラリートーク: 7月22日(土曜)14:00-14:30 会場:展示会場 事前申込み不要、ただし「日本画の逆襲展」観覧券が必要

※各作家の日程は、岐阜県美術館ホームページをご参照ください。

観覧料: 一般 800円(700円)/大学生 600円(500円)/高校生以下無料  ※( )内は20名以上の団体料金

※身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている方、およびその付き添いの方(1名まで)は観覧無料

出品作家: 新恵美佐子、加藤良造、坂本一樹、林真、神戸智行、岡村智晴、服部しほり(順不同・敬称略)

主催: 岐阜県美術館、中日新聞社

後援: NHK岐阜放送局、岐阜県教育委員会

本展は、公益財団法人 田口福寿会の助成を受けています。