流転
「掛軸表装について」
仰ぎ見る月となるように掛軸の比率は天地を入れ替えた。掛軸の裂地には、潮の満ち引きをイメージした波模様の正絹上遠州黒、本金箔で表した星々は、暗がりに掛けると浮かび上がる。軸先もオリジナル。